プロテインって安全なの?

プロテインは食品だからと言って、100%安全とは言い切れない部分があります。

 

例えば、腎臓疾患のある人はタンパク質の摂取量が制限されているので、プロテインを飲めば健康を崩すことが考えられますし、体重1sに対して1〜2gをはるかに上回る過剰摂取をしていれば、それだけ体への負担も大きくなるので、様々な不調が出てくる可能性もあるということ。

 

タンパク質には窒素が含まれているのですが、これは糖質や脂肪にはない成分で、肝臓を通り腎臓で尿素に変換して排出されています。肝臓と腎臓できちんと処理できなくなれば、尿中のタンパクやカルシウムが増加するので、病気を引き起こすことも!

 

だから、過剰摂取にならないことはもちろんですが、いくら規定量があるとはいえ、それが自分の適量なのか見極めておくのも大切です。日頃の食事と合わせてプロテインを飲む場合には特に、過剰摂取にならないよう気をつけましょうね。

 

例えば、尿がいつもと違って泡立っていたり白く濁っているなら、異常サインなので、トイレの度に確認してみてください。

 

また、体質に合わないことも考えられます。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人は結構いらっしゃいますが、日本人は乳糖を分解する酵素が少ないことから、消化不良でお腹が痛くなったり緩くなるなどがあります。

 

牛乳から作られたホエイやカゼインプロテインでも、同様の症状が起こり得るので原材料はよく確認してください。

 

他にも、焼き肉を食べた次の日の便と同じく、ニオイがきつくなりますし、吹き出物や神経過敏といった副作用も報告されています。でも、基本的には方法や量さえ間違わなければ、安心して取り入れられる食品ですよ。

 

そして、店頭販売よりも格安で手に入るネット通販には要注意!正規の値段と比較しても明らかに安価な場合は、プロテインに似せた粗悪な商品かもしれません。個人や信用のならない通販サイトは避け、信頼のおけるショップで購入するのもポイントです。

 

どんなに体に良い栄養素でも、取り過ぎると身体に異常が出る可能性はあります。とにかく筋肉を付けたい!痩せたい!という思いから過剰摂取にならないように、正しい知識を身に着けておきましょう。