たくさんのメーカーからプロテインは販売されていますが、ダイエット目的となれば食事と置き換える方法が主流ですよね。

 

3食のうち1食でもプロテインにしてしまえば、大幅にカロリーが減り、比較的早い段階で痩せることができます。でも、そこに落とし穴が潜んでいるのでこれから始めようと考える人は気をつけてもらいたいポイントがあります!

 

まず、痩せる目的がどういったものなのかという点。

 

夏に向けて水着を着るため何が何でも痩せたいのなら、単に食事を置き換えるだけで目標達成することは可能かもしれません。でも、夏が終わればその後どうします?

 

普通の食事に切り替えれば、当然そこから先はリバウンドしかありません。食事と置き換えるダイエットしかしないのであれば、一時的なダイエットは成功しても、ベスト体重を維持することはとても大変になります。

 

つまり、置き換え型のプロテインダイエットはリバウンドしやすい方法というわけです…。

 

そもそも、プロテインは効率よくタンパク質を摂取できる栄養補助食品なので、筋肉を弱らせることがないから効率的に脂肪が燃えてダイエットできる最大のメリットがあります。

 

ところが、プロテインを止めれば当然普段の食事からでしかタンパク質が取れなくなります。お肉には脂肪分が含まれていますし、大豆食品はそこまで吸収が良くないときてますから、プロテインとは雲泥の差が…。

 

タンパク質の摂取量が少なくなれば、筋肉がやせ細って太ることに直結するので、リバウンドをせずダイエットしたいのなら運動とセットで行うということなのです。

 

プロテインを摂取している間に運動を行えば、筋力アップが期待できます。ハードな筋トレを行わなくても、通勤や買い物などにたくさん歩くだけでも
十分。20分程度のウォーキングや軽めの筋トレなら毎日続けられますよね?

 

ここさえしっかりできていれば、食事を必要以上に抑える必要もないので、痩せ体質がずっとキープできるはずです。

 

運動することは地道に基礎代謝を上げるので、少しくらいカロリーオーバーしてしまってもすぐに体重が戻せるようになります。これがプロテインダイエットの一番の特徴でありメリットです。