一般的なプロテインとダイエットプロテインの違い!

daietto

 

たるんでしまった二の腕をシュッと引き締めるためにはある程度の筋肉が必要です。日常生活で最小限にしか体を動かさないことが原因で、徐々に筋肉が削げ落ちいつのまにか振袖状態になっていることがほとんど…。

 

こうなってしまうと、ただの1回も腕立て伏せができなかったり、これが脚に起こってしまうと、歩行困難ということになりますから、いつまでも若々しくいるためにはどんな年代でも筋肉は必要不可欠になります。

 

衰えた筋肉をアップさせたり維持するにはプロテインが最適な食品と言えますが、使い方によってはダイエットすることも可能です。メーカーによってはウエイトダウンを目的とするダイエット用のプロテインがあるので、脂肪燃焼や食欲をコントロールする成分などが配合されています。

 

ただ、どちらも消費カロリー>摂取カロリーとなれば減量することができるので、食事量の調節にプロテインを取り入れてみてはいかがでしょう。もちろん、適度な運動があって引き締まっていくので飲んだだけではシェイプアップボディにはなりませんよ。

 

ウエイトダウンプロテインの特徴

また、ウエイトダウンプロテインの原料は大豆プロテインが使われているので、消化吸収が遅く腹持ちが良い特徴があります。

 

メーカーによっては吸収の良いホエイプロテインにすることで、ダイエット成分の機能を高めている場合もあります。結局のところ、一般的なプロテインとの違いは、ダイエット中の食事制限によるビタミンやミネラルの補給やダイエット成分などちょっとしたオプションがついているんですね。というわけで、お値段もやや割高になってます。

 

味や動物性、植物性にこだわりたいのならごく普通のプロテインの方がバリエーション豊富に揃っています。ウエイトダウンプロテインのフレーバーは極端に少ないことから毎日続けていくには飽きてしまうといったこともあるようですので、挫折しないように多少アレンジが必要かもしれません。

 

そして、ウエイトダウンとなっているからと、決してダイエットサプリ的なものではないということ!!ダイエットするには運動と栄養(特にタンパク質)がカギを握っていますから、効率的に摂取できれば結果的に脂肪を減らすことができるということです。